沿革

1941年11月 1日 高知県商工奨励館試験場から独立し、高知県紙業試験場と併設のまま化学、醸造、地下資源、機械の4部門設置。
1943年 3月 工芸部門が商工奨励館から移管。
1944年 1月 庶務部を設置。
1944年 8月 高知市桟橋通2-11-15に新築。
1945年 戦争により庶務部、化学部のみになる。
1946年 5月 職員の帰還により工芸部門復活。
1947年 5月 高知県木工技術育成所を吸収し木材部を新設、機械係を置く。
1948年 4月 地下資源部門を復活し、窯業地源部となる。
1949年 2月 工芸部を木竹部に吸収。
1950年 1月 木竹部建築物及び本館の一部焼失。1951年3月復活。
1951年 1月 金属機械部設置。
1952年 4月 窯業地源部が石灰部と改称。
1955年 8月 庶務部を総務課に、化学、石灰、金属機械、木竹各部をそれぞれ科に改称。
1961年 4月 デザイン科を新設。
1962年 4月 石灰科を窯業科と改称。
1963年 1月 場長室、総務課、化学科、デザイン科及び計量検定所。企業能率相談所、ジェトロ高知貿易相談所、中小企業団体中央会、火災共済共同組合の各機関が本館に移転し、中小企業センターを構成。
1963年 4月 食品科を新設。
1963年 8月 金属機械科棟竣工。隣接地の職業訓練所寄宿舎長浜へ新築移転により、その敷地が当場改築用地に充当される。
1963年 10月 木竹科、窯業科、食品科棟竣工。
1966年 4月 技術相談室設置。(高知県中小企業指導所技術係及び当場各科長が兼任。)
1970年 10月 技術相談室を技術公害相談室と改称。
1978年 4月 金属機械科を金属科と機械科に分科。
1980年 4月 次長制度新設。
1981年 4月 木竹科を木材加工科と木材指導科に分科。
1984年 4月 社団法人発明協会高知県支部事務局を当場より分離独立。
1986年 3月 中小企業団体中央会、火災共済共同組合が転出。
1986年 7月 商工連合会転出(工業試験場、計量検定所、(社)発明協会高知県支部のみとなる。)
1990年 3月 高知市布師田3992-3(現在地)へ移転
1990年 4月 高知県工業試験場を高知県工業技術センターに改称し、開所。同時に技術公害相談室を企画情報室、化学科窯業科を技術第1部、食品科を技術第2部、機械科金属科を技術第3部、木材加工科木材指導科を技術第4部と機構改革。
1994年 4月 技術次長制度を新設し、事務次長、技術次長の2次長制となる。
1998年 4月 企業化支援センターを工業技術センター内に設置。
1999年 3月 産業構造改善支援センターを設置。
1999年 4月 工業技術センター 土佐山田分室を設置。
2001年 4月 企画情報室を企画室に、技術第1部~技術第4部までのナンバー制から食品加工部、生産情報部、材料技術部、資源環境部の技術対応型の対応部署に改称。
2005年 4月 企画室を研究企画部、食品加工部を食品開発部、生産情報部と材料技術部を生産技術部にそれぞれ再編して改称。土佐山田分室を森林技術センターに業務移管。
2007年 4月 研究企画部、食品開発部、生産技術部、資源環境部をそれぞれ課に改称。