ヘッドスペースガスクロマトグラフ、低分子量ガスマス 分析機器 |食品開発課

清酒などの液体試料の香気成分(揮発成分)の定量や定性に用いる。米や魚類の劣化成分の検出にも使用するが感度は高くない。ヘッドスペースサンプラーを用いることで試料の濃縮や抽出操作が不要。また不揮発性成分を注入することがないのでカラムが劣化しにくい。

機器の仕様

お問い合せは 食品開発課 まで

お問い合わせ

Menu

close

close