スライサー加工機器|食品開発課

食品の形状を一定にカットしてそろえる原料は、トマト、ナス、ニラ、ラッキョウなどの野菜類や、いちご、ユズ、ブンタン、ミカンなどの果実類など多岐にわたっている。人が包丁で切れるかたさをもつ素材に対応している。
使用料項目 スライサー

機器の仕様

メーカー ㈱榎村鐵工所
型式 ECD-702型フードスライサー
スペック ○カット機能
・素材:0.5mmから40mmカット幅で切断。
・根菜類:3×3mm、15×15mmの千切り。
・葉菜類:スライス1~10mm幅で切断。
・根菜、果実類のおろし:中・細目ですりおろし。
○その他
・カットサイズは操作パネルで設定でき、5種類のカットサイズが登録できる。
・素材を逆走してとりだせるコンベアのバック機能がある。
特記事項

導入年度 H21
導入事業名等

お問い合せは 食品開発課 まで

お問い合わせ