ガスクロマトグラフ質量分析計分析機器|資源環境課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。

香料、精油、石油化学製品、材料製品中の揮発性ガス成分、水中の揮発成分、VOC等気化しやすい有機化合物の同定・定量ができる汎用タイプの分析装置です。
 試料の導入は、従来どおりガスクロマトグラフへの直接導入のほか、ヘッドスペースオートサンプラを用いて、固体あるいは液体中の揮発成分を加熱気化、導入する事も可能です。
使用料項目 ガスクロマトグラフ質量分析装置

機器の仕様

メーカー 日本電子(株)
型式 JMS-Q1000GC MkⅡ
スペック ガスクロマトグラフ温度:~450℃
イオン源         :EIモード
質量分析装置      :四重極
測定質量範囲      :1.5~1022
化合物ライブラリ    :NIST、Wiley
付属装置:ヘッドスペースオートサンプラ(60~200℃ ケミカルトラップモード、サンプルループモード選択可):オートインジェクタ
特記事項

導入年度 H21
導入事業名等 財団法人JKA補助事業   「公設工業試験研究所設備拡充補助事業」

お問い合せは 資源環境課 まで

お問い合わせ