微量成分分離分取高速システム分析機器|食品開発課

液体試料中成分の定量・定性試験及び成分の分取を行う装置。
溶媒グラジエントに対応し、分析とセミ分取とで切替えられ、
トウガラシの辛味成分やナスの色素などを分析すると同時に、
食品中からその特定物質を取り出し、精製できる。
使用料項目 微量成分分離分取高速システム

機器の仕様

メーカー 日本ウォーターズ(株)
型式 デルタ600システム
スペック 溶媒混合方式:4溶媒の混合
カラムヒーター:室温~150℃
PDA検出波長範囲:190~800nm
自動脱ガス、示差屈折率検出器装備
2検出器同時計測が可能
特記事項

導入年度 H22
導入事業名等

お問い合せは 食品開発課 まで

お問い合わせ