機能性成分高速分析システム分析機器|食品開発課

液体試料中成分の定量・定性試験を高速・高分離で行う装置。100 MPaまでの圧力に対応し、分析時間が従来型HPLCの約1/10に短縮化可能。
食品中の機能性成分(ポリフェノール類、カロテノイド類等)の高速分析に適している。
使用料項目 機能性成分高速分析XLCシステム

機器の仕様

メーカー 日本分光
型式 X-LCシステム
スペック カラムオーブン:10~65℃
PDA検出波長範囲:190~800nm
蛍光検出波長範囲:220~700nm
デガッサ、グラジエントシステム、円二色検出器装備
特記事項

導入年度 H22
導入事業名等

お問い合せは 食品開発課 まで

お問い合わせ