ビードサンプラー
(ビード&フューズサンプラTK-4100型)分析機器|資源環境課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。

粉末状の試料をガラス化する装置。
主に蛍光X線分析のために使われるが、湿式分析用のアルカリ溶融処理も可能。
温度調整が可能。分析試料ごとに加熱温度を変えることで効率的なビード作成ができる。

使用例

蛍光X線分析装置で使用するガラスビードを作製。

使用料項目 ビードサンプラー

機器の仕様

メーカー 東京化学株式会社
型式 ビード&フューズサンプラTK-4100型
スペック 加熱温度:300~1250℃
ルツボ振動機構付
特記事項

導入年度 H23
導入事業名等 公益財団法人JKA 競輪の補助事業 「公設工業試験研究所設備拡充補助事業」

お問い合せは 資源環境課 まで

お問い合わせ