万能試験機計測機器|生産技術課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。

万能材料試験機は、製品評価、設計データとして欠かすことの出来ない引張強度、延性、展性等を測定する材料の強度試験装置である。当該装置は金属材料や機械部品等の強度試験を行うものであり、引張、圧縮、抗折、曲げの各試験ができるものである。本装置は手動での荷重試験のほか、内蔵されている定速ラムストローク、定速荷重、定速ひずみの各制御モードにより自動で行うことができる。試験結果は、レコーダ機能とデータ処理機能を兼ね備えたデータ処理ソフト(TRAPEZIUM2)により処理され、荷重-変位線図を記録する他、弾性率、耐力、最大試験力などのデータ解析が可能である。また、引張試験の精度及び作業性向上のため、CCDカメラによる非接触式で、試験片の標点間距伸びを計測できる高精度伸び計及び抗折・曲げ試験を行える治具も有している。
使用料項目 万能材料試験機

機器の仕様

メーカー (株)島津製作所
型式 UH-F1000KN + TRAPEZIUM2 + DVE-201
スペック 試験能力      1000kN
秤量切換      20kN~1000kN 6段階
引張試験      つかみ具間距離max.1000mm
圧縮試験      圧盤間距離max.900mm
抗折・曲げ試験  支点間距離max.800mm
負荷速度      0~70mm/min
ラムストローク   250mm
テーブル有効広さ 750×750mm

耐力測定      非接触ビデオ伸び計(DVE-201)
特記事項

導入年度 H23
導入事業名等 財団法人JKA補助事業   「公設工業試験研究所の設備拡充補助事業」

お問い合せは 生産技術課 まで

お問い合わせ