フーリエ変換赤外分光光度計、赤外顕微鏡分析機器|資源環境課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。

有機物質に赤外線を当てると、その構造に応じて異なる波長の赤外線が吸収される。
このことを利用し、赤外分光光度計は試料の化学構造に関する情報を得るのに用いられる。

当センターの装置はATRユニットを備えており、試料をユニットに押し付けるだけで測定が可能である。
また、赤外顕微鏡も備わっているので、1mm以下の微小な試料についても測定することができる。

加えて、数万件のデータ量のスペクトルデータライブラリーが制御用PCにインストールされており、
データライブラリーと測定データを照合することで、試料の同定、成分の推定を行うことができる。

使用例

主な使用用途:有機物質(例:プラスチック、食品、医薬品など)の構造解析、異物の同定

使用料項目 赤外分光光度計

機器の仕様

メーカー 日本分光(株)
型式 FT/IR-6600, IRT-7200
スペック 仕様1:本体(FT/IR-6600)
 測定波数範囲   7800~350cm-1
 最高分解能    0.4cm-1
 光学系      シングルビーム方式
          28°入射マイケルソン干渉計
          Ge/KBr(広帯域型)ビームスプリッタ
 検出器      DLATGS
 S/N比       45000:1

仕様2: マルチチャンネル赤外顕微鏡(IRT-7200)
 測定方式     透過・反射・顕微ATR
 測定波数範囲   7000~600cm-1(リニアアレイMCT検出器)
          7800~350cm-1(ミッドバンドMCT検出器)
 検出器SN比    リニアアレイMCT検出器 SN比 1500:1
          ミッドバンドMCT検出器 SN比 8000:1
 試料ステージ   自動XYZステージ
特記事項 赤外顕微鏡の使用には液体窒素が必要です。ご利用前には資源環境課(Tel: 088-846-1651)までご連絡ください。
導入年度 H26
導入事業名等 公益財団法人JKA 競輪の補助事業 「公設工業試験研究所設備拡充補助事業」

お問い合せは 資源環境課 まで

お問い合わせ