超急速凍結機
(ショックフリーザー) 加工機器 |食品開発課

超急速凍結機(ショックフリーザー)は、超低温の空気を吹き込むことで食品を急速凍結させるエアーブラスト方式の凍結機です。

食品を高品質な状態で凍結させるためには、急速凍結という処理が必須です。食品の凍結では、いかに組織の損傷を抑えるかがポイントです。そのためには、組織の損傷を促す大きな氷結晶ができてしまう温度帯「最大氷結晶生成帯」(-1~-5℃)を短時間で通過させる必要があります。

この装置で食品を凍結する場合、最大氷結晶生成帯を通過する時間を30分以内に抑えることができ、高品質の冷凍食品を得ることができます。

また、チラーとしての機能もあるため、温度の高い食品を凍結させずに急速に冷却することもできます。

機器の仕様

お問い合せは 食品開発課 まで

お問い合わせ

Menu

close

close