味認識装置分析機器|食品開発課

味覚センサーにより、ヒトの舌が感じる味を数値化することができる装置です。
甘味、塩味、旨味、酸味、苦味に加えて、食品を口に含んだ瞬間の「先味」や飲み込んだ後に残る「後味」などの感覚も、簡単な操作でヒトの感覚尺度に沿った評価ができます。

使用例

・ぽん酢、日本酒、果汁、飲料など液体の食品:希釈が必要な場合があります。

・肉、魚などの固形食品:エキスを抽出して測定します。

・油分の多いもの、沈殿物・不溶物の多いもの:前処理が必要です。

 

使用料項目 味認識装置

機器の仕様

メーカー (株)インテリジェントセンサーテクノロジー
型式 TS-5000Z
スペック 本体
 測定サンプル数:最大10サンプル
(測定には比較対象とするサンプルが必要です。)
 測定サンプル量:70mL
味覚センサー
 応答原理:膜電位測定
 センサー種類:人工脂質膜
 測定対象:飲料、食品、医薬品など
特記事項 ◆味認識装置の原理、扱い方、データの使い方については、食のプラットフォームを通じて講習や実習を行う予定です。装置の活用に関心がある方は、食のプラットフォーム「味の数値化」勉強会にご参加ください。
導入年度 平成29年度
導入事業名等

お問い合せは 食品開発課 まで

お問い合わせ