デジタルマイクロスコープ分析機器|資源環境課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。

デジタルマイクロスコープは、試料の形状、表面の状態を観察する装置です。機械部品の微小な凹凸サイズ、表面の平滑性を計測したり、破壊した素材の破断面の観察等に利用することができます。普通の顕微鏡と異なり、画像をデジタル処理しているので、試料の観察面すべてに焦点の合った画像を得ることができます。また、画像から表面の平面的な計測や立体形状の計測ができます。

使用例

・機械部品、金属素材、電子基板、プラスチックの不良箇所の観察

・異物の形状観察

・微小な部品の形状測定

・撮影した画像から立体形状の観察ならびに形状測定

使用料項目

機器の仕様

メーカー 株式会社キーエンス
型式 VHX-6000
スペック 倍率 1倍~2000倍
レンズ1 VH-Z00T 1倍~50倍
レンズ2 VH-ZST  20倍~2000倍
全焦点画像撮影、2次元計測、3次元計測ほか
特記事項

導入年度 H29
導入事業名等 公益財団法人JKA「公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業」

お問い合せは 資源環境課 まで

お問い合わせ