X線回折装置 分析機器 |資源環境課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。
天然鉱物の同定、工業製品の品質管理、製造工程での異物の同定などに迅速に対応できる。
当装置は、物質の結晶面間隔を測定することにより、その物質を同定し、結晶構造解析を行うものである。

使用例

試料の結晶相や化合物の定性・定量分析及び結晶状態(結晶子サイズ、残留応力など)の評価。
測定は集中法・平行法、反射法・透過法が可能で、小角散乱測定によるナノサイズの粒度分布測定に対応。

例)JIS A1481「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」

機器の仕様

お問い合せは 資源環境課 まで

お問い合わせ

Menu

close

close