熱分析装置分析機器|資源環境課

この装置は競輪の補助を受けて導入しました。

 試料を加熱・冷却した際に起こる温度変化や重量変化を測定し、試料の状態変化を把握する装置です。加熱・冷却は任意のプログラムに基づいて調整できます。また、加熱・冷却中に起こる試料の状態変化をリアルタイムで撮影できるので、試料の変化を多角的に見られます。

TG-DTA:
・炉体にカメラが取り付けられており、1000℃までの試料の変化を録画することができます。
・自動試料交換機を用いた連続測定が可能です。
DSC:
・電気冷却器を備えており、-50℃までの冷却が可能です。
・比熱測定プログラムにより、試料の比熱を測定できます。

使用例

・無機製品の品質管理

・無機製品の物性測定

・樹脂製品の耐熱性測定

・未知樹脂の同定

・試料の温度変化に伴う状態変化挙動の解明

使用料項目

機器の仕様

メーカー 株式会社リガク
型式 Thermo plus EVO2 (TG-DTA8122およびDSC8231)
スペック TG-DTA:
測定可能温度範囲:室温~1500℃
試料量:最大1g
TGレンジ:±250mg
TG分解能:0.1μg
最大昇温速度:100℃/min
測定雰囲気:空気雰囲気下での測定可能
試料自動交換機:最大24サンプルまでセット可能
DSC:
測定方式:熱流束型
測定温度範囲:-50℃~500℃
最大昇温速度:20℃/min
RMSノイズレベル:0.5μW以下
特記事項

導入年度 H29
導入事業名等 公益財団法人JKA「公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業」

お問い合せは 資源環境課 まで

お問い合わせ